更新日: 2011-01-10 18:29:05

子どものおもちゃの作り方① おきあがりこぼし

著者: いなみわけ

編集者: いなみわけ

閲覧数: 12027

Okgn btn gudie info favorite

1

はじめに

Photo by いなみわけ

小さい子どものおもちゃは、自宅でも簡単に作ることができます。

STEP1 ①道具を準備

まず、A4の厚紙数枚、粘土、はさみ、のり、クレヨン、セロハンテープ
を準備しましょう。
粘土は少しでよいです。

まず、A4の紙の端を、縦方向に一枚切り、
次に横方向に一枚切ります。
幅は、5cm程度でよいでしょう。

STEP2 ②切った紙を丸め、大小のわっかを二つ作る

切った紙を丸め、端を糊付けすることで、
小さな輪と大きな輪が一つずつできます。

輪にするときは、丸い鉛筆等で慣らしながらやると、
綺麗に丸くできます。
のりでうまくつかなければ、内側をセロハンテープで貼ってもよいです。

二つできたら、雪だるまのように、二つをつなげます。
接合部はセロハンテープで貼るとよいです。

STEP3

③下の大きな輪に、粘土をはり、それぞれの輪にあったサイズに紙を丸く切る

まず、②でできただるま状の輪の、
下の大きな輪の下部に、一掴みの粘土をセロハンテープではります。
輪からはみ出さないサイズにしましょう。

次に、輪のサイズにあうように、紙を丸く切ります。
輪の両面に貼れる様に、大小二枚ずつ作りましょう。

STEP4 ③丸く切った紙に絵を書き、輪に貼り付ける

丸く切った紙に、なんでもよいので絵を書きましょう。
上のほうに来る部分に、ダルマの顔、雪だるま顔を描くとよいでしょう。

できたら、セロハンテープで輪にはりつけます。

これで、完成です。

まとめ

横向きにたおれても勝手に起き上がる、おきあがりこぼしの完成です。うまく起き上がらなければ、粘土を少し大きくしましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

107

tarookさんのコメント

2011/01/14 15:55:17

作ってみたいと思います!

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。

必要なもの

厚紙、粘土、セロハンテープ、のり、はさみ、クレヨンなど