更新日: 2011-07-04 18:21:33

コンディミの使い方

著者: いなみわけ

編集者: まきむぅ

閲覧数: 3190

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

コンディミ、コンビネーション・オブ・ディミニッシュスケールは、何となく難解な感じがしますが、うまくつかえるとカッコイイスケールです。

STEP1 ①コンディミとは

コンディミ=コンビネーション・オブ・ディミニッシュスケールとは、
二つのディミニッシュ7コードを重ねた音階です。

G7のコードで考えるならば、
ディミニッシュコードは、半音上の♭Aのディミニッシュになります。
それに、Gから始まるディミニッシュコードを加えると、
コンディミスケールができます。

STEP2 ②より簡単に

これだとわかりづらいですので、もっと簡単に考えると、
半音・全音と交互に上がっていくとできます。

例えばGから始めるとすれば、
G、♭A、♭B、B、♭D、D、E、F、Gとなります。
下降するときは、上でわかるように、
全音・半音の順で下がっていけばOKです。

こう考えると、弾きながら機械的にコンディミを作ることができます。

STEP3 ③使い道

使い道としては、もともとディミニッシュなので、
セブンスコードにおいて使うとよいでしょう。

とくにドミナントセブンスで使うとおよそ合います。
アウト感が強いスケールですので、
ここぞ!という時に使うとよいでしょう。

まとめ

スケールを弾くだけでも、練習になります。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

106

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。