更新日: 2011-06-24 18:19:29

音抜けをよくする方法

著者: いなみわけ

編集者: まきむぅ

閲覧数: 1643

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

音抜けが悪いと、どんなに音量が大きくても、他の楽器に埋もれてしまいます。音抜けをよくする方法です。

STEP1 ①アンプを通す楽器であれば、イコライザーをいじる

エレキギター、エレキベース、キーボードなどは、
イコライザーをいじることで音抜けをよくすることができます。

基本的に、他の楽器とかぶらないようにしましょう。
低音を出しすぎると、ベースとかぶってしまい聞こえづらくなります。
そこで、低音を控えめにして、中音域を少し上げるとよいでしょう。

STEP2 ②アンプを少し高いところに置く

アンプが地面に直においてあると、
音が地面を伝わるため、こもった音になりやすいです。

椅子の上に置く、カートンの上に置く、アンプスタンドを使うなど
様々な方法がありますが、何か軽いものの上に置くのがよいです。

重いものの上に置くと、結局は地面に伝わってしまいますので、
安定した軽いものの上におきましょう。

STEP3 ③音色を変える

それでも音抜けが悪い場合、
音色を変えたほうがよいかもしれません。

特にエフェクターを通していると音が細くなり、
音抜けも悪くなってしまうことがあります。

①のようにイコライザーをいじることである程度改善できますが、
それでもこもるような場合、
他の楽器にかぶらないような音色に変えてみましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

99

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。