更新日: 2011-01-10 01:19:41

絵が上手くなる方法

著者: いなみわけ

編集者: いなみわけ

閲覧数: 581

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

絵を上手く書くには、練習しかありません。

STEP1 ①模写

まず、絵の練習として必要なのは、
何かを模写することです。

それぞれ分野によって注意すること、
必要なセンスは異なりますが、
まずは実用性を踏まえると、人物模写から始めるのが良いでしょう。

よく人物を観察し、描きましょう。

STEP2 ②写真を見ながら模写

基本的に、模写するものは時間で刻々と変化していきます。

最初のうちは、写真をとり、
それを見て模写していくとよいでしょう。

これで、いくらでもこだわることができるようになります。
納得のいくまで、何度でも描いてみましょう。

STEP3 ③全体を見て模写する

実物をみて模写する場合でも、
写真をみて模写する場合でも、
描いていない部分も踏まえて、構成を練ってから描きましょう。

写真をそのまま模写するのであれば、写真をとったとき、
写っていない部分がどんなであるかを覚えておきましょう。

模写していくことは重要ですが、
より上手くなるためには、構成を練り、
描きたいものをかけるようになる必要があります。
全体の中の一部分が持つ意味を、絵に出せるようにするために、
構成を練りましょう。

まとめ

最初はペン書きでも良いと思います。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

53

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。