更新日: 2011-07-30 14:34:24

低血圧になりやすい人

著者: saita39

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 818

Okgn btn gudie info favorite

1

はじめに

Photo by ✾megeatsglitter✾

低血圧になりやすい人には特徴があります。

体質的な面もありますが、改善できる特徴もありますので、ぜひ、改善できるところはご自身のライフスタイルや考え方を変えてみてください。

STEP1 1. 筋肉がない人(痩せている人)

血液の流れが遅くなってしまうと、低血圧になってしまいます。
その血液を押し出す役目を担う心臓ポンプは、筋肉によって動きます。
そのため、筋肉の少ない人は血圧が低くなりがちです。

特に女性は男性に比べ、もともとの筋肉が少ないために、低血圧の症状が出やすいです。

STEP2 2. 動かない人

動いている時は血管は収縮し、休息すると血管は拡張します。
バランスよく、収縮と拡張を繰り返せは、血管をとおる血液は適度な早さを保てるため、血圧も正常値を保てますが、活動をせず、だらだらと毎日過ごしている人は、血管が広がったままの状態が続きます。
広い空間を通る一定の力の水圧は、狭い空間を通る時より早さは遅くなってしまいます。
そのため、血圧が下がったままになってしまうのです。

STEP3 3. ストレスをためやすい人

血圧と血流は自律神経が支配しています。
自律神経は自分の意思に関係なく心臓や胃腸など体の働きをコントロールします。
ストレスがたまると自律神経のバランスも悪くなり、血圧・血流のバランスもわくるなり、血圧も下がったりするのです。

STEP4 4. 胃下垂の人

胃下垂の人は胃の働きが弱くなります。
働きが弱いとは血液の流れが悪いということです。
なので、胃下垂の人は体質的に低血圧な人であるといえます。

STEP5 胃下垂である人以外は改善は可能です。

適度な運動をし、筋肉をつけましょう。
考え方をポジティブにしましょう。

考え方は、体の健康面にももちろん必要ですが、人間関係が苦手だと思われている人の改善にもつながります。
人間関係が苦手なのではなくて、ネガティブな考え方で、自分から人を寄せ付けていないのかもしれません。何事もポジティブに考え、笑顔をどんどん出しましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

24

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する