OKWAVE Guide 印刷用:ダッチオーブンを一生モノにする方法!|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]
Large 2345718158 fd765f7f90 m

必要なもの
オリーブオイル。たわし。重曹。皮手袋。

 野外で手軽にオーブン料理が楽しめ、キャンプの食卓をより華やかに彩る、ダッチオーブン。いまやアウトドアに欠かせない存在となった鉄製鍋ですが、一方で鉄特有の赤サビに泣き「手入れが面倒」としり込みする人も多いでしょう。
 そこで、ダッチオーブンを赤サビから守り、一生モノにする上手なお手入れ方法を紹介します。
 ポイントは「黒さび」をつけること。繰り返し加熱して黒さびを全体にいきわたらせ、赤さびをよせつけなくします。

【ステップ1】

 新品はさび止めコーティングがしてあるため、水とたわしで洗い流し、空焚きして乾燥する。乾いたらオリーブオイルをまんべんなく薄く塗る。
 さらに、コンロの弱火~中火で加熱自然乾燥させる。

【ステップ2】

 料理後は、十分冷ましてからたわしでお湯洗い。(お湯がなければ水でも可)洗剤は不可。焦げ付きなど頑固な汚れは重曹を振りかけてたわしでこする。
 もっと頑固な焦げ付きは、水をはり重曹を入れ火にかける。(水1ℓに対し、重曹大さじ2~3杯)

【ステップ3】

 料理をした後の炭火で、鍋全体の水分を飛ばし、乾燥させる。ふたも同様。全体が乾いたら火からおろす。熱しすぎに注意する。
 本体が熱いうちに、オリーブオイルなど食用の植物油を塗る。内外側まんべんなく、薄く塗るのがこつ。必ず皮手袋をしてやる。
 本体は冷めたら、全体をチェック。灰が残っていると赤錆の原因になる。とくに足の部分は要確認する。灰がついていたら乾拭きする。

【ステップ4】

 保管は湿気がたまらないよう蓋をしめないのが基本。新聞紙を丸めて中につめ、蓋を下に敷き、収納袋や箱に入れて保管する。
 一時的に保管する時は、本体と蓋の間に箸を置き隙間をあける。

【ポイント】

南部鉄器職人直伝の、日本伝統のさび止め「お茶ぽんぽん」も試してみてください。
ダッチオーブンが熱いときに、緑茶をしみこませた布で表面を叩くと、緑茶のタンニンと鉄が反応し黒さびが発生して、赤さびが出なくなるとか。