更新日: 2011-01-08 23:46:10

聞き取りやすい日本語の発音の練習

著者: いなみわけ

編集者: いなみわけ

閲覧数: 749

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

日本語の発音は、誰でもできるようでありながら、綺麗に発音するのは難しい場合があります。

STEP1 ①イ行音、ウ行音の発声に留意

ア・エ・オ行は、口を大きくあけるか、舌を下げるため、
聞き手も聴き取りやすいですが、
イ行・ウ行はともに口を小さくするため、
他の行の音と紛らわしくなってしまうことがあります。

こうした語を発音するときは、
他に比べてはっきり喋ることを心がけましょう。

STEP2 ②セ音

近年、若い人を中心に、「サ」行の発音が、昔とやや異なっているように感じます。
とくに「セ」の音は、舌っ足らずに聞こえます。

聞いたところでは、「セ」を「シェ」といったように、
子音を「シ」に近い音で発音する人が多いですが、
これだと舌っ足らずに聞こえます。

はっきりした感じを出すには、「スェ」と発音しましょう。
これにより、より正確な「セ」の発音になります。

STEP3 ③鼻濁音を意識する

「ガ」行音は、標準語では鼻濁音を使用しています。
やや鼻にかかったような音です。

これを発音するには、「ン」を母音の前につけましょう。
「ンア」といった形になります。

ただし、今は標準語でもこうした発音をする人は減ってきました。
しかし、これをきちんと発音するほうが、聞き取りやすい発音になります。

まとめ

なまりがあると発音ごと変わることがありますが、標準語を身につけたいのであれば、以上のことを意識してみましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

115

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。