更新日: 2011-01-08 23:05:06

旧暦の12か月、言えますか?

著者: fuuka3

編集者: fuuka3

閲覧数: 458

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by yto

12か月、和暦の名前にも意味があります

STEP1

日常でもよく見聞きしますが、漢字が読めない、何月なのかわからないと
いう方もいらっしゃるのではないでしょうか?
和風月名に風情を感じるのは、その月にふさわしい呼び名だからこそです。
意味も含めて、覚えてみましょう。

STEP2 ◆1月 睦月(むつき)

 仲睦まじい月。
 正月に家族や親戚でなごやかな宴を催し、むつみあうことからつきました。

◆2月 如月(きさらぎ)
 きさらぎには、色々な通説があります。 
 「気更来」 陽気が更に発達して来る時季だから。
 「来更来」 正月に来た春が更に春めいて来るから。

◆3月 弥生(やよい)
 暖かな陽気にすべての草木がいよいよ茂るという意味の「弥生(いやおい)」
 がつまって「弥生(やよい)」になったとされています。

◆4月 卯月(うづき)
 卯の花(ウツギの花)が盛りになる月。
 また、田植えをするから「植月(うづき)」という説もあります。

◆5月 皐月(さつき)
 早苗を植える「早苗月(さなえづき)」が略されて「さつき」となり、
 後に「皐月」の字があてられました。

◆6月 水無月(みなづき)
 旧暦の6月は梅雨明け後で夏の盛りであることから、水が涸れて
 無くなる月であるとして「水無月」

◆7月 文月(ふみづき/ふづき)
 短冊に歌や字を書く七夕の行事から「文披月(ふみひろげづき)」、
 稲穂が膨らむ月ということで「ふくみ月」、これらが転じて
 「文月」

◆8月 葉月(はづき)  
 葉の落ちる月「葉落月(はおちづき)」が転じて「葉月」。
 
◆9月 長月(ながつき)
 秋の夜長を意味する「夜長月(よながづき)」の略で「長月」

◆10月 神無月(かんなづき/かみなしづき)
 神々が出雲の国に行ってしまい留守になるという意の「神なき月」
 が転訛して「神無月」
 
◆11月 霜月(しもつき)
 文字通り霜が降る月という意の「霜降月(しもふりつき)」の略で「霜月」

◆12月 師走(しわす)
 師が馳せる月という意の「師馳す」が転訛し、走るという字が
 あてられるようになりました。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

65

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する