更新日: 2011-01-13 22:40:29

冬でもお肌のシミ対策!

著者: THK1873

編集者: THK1873

閲覧数: 249

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Jun Takeuchi

お肌のシミ対策は夏だけではなく、冬の対策も重要です!

STEP1

冬は気温が低くなるため、肌の血行が悪いなり、新陳代謝が低下します。
天然の肌の保湿膜である皮脂の分泌物も減少し、肌の水分が失われます。
一度乾燥した肌は、肌のキメが乱れることでますますうるおいが
なくなり、さらに乾燥が深まるという悪循環に陥ります。保護膜となる
皮脂の減少やキメの乱れにより、冬の紫外線に敏感に反応し、シミを生み
出してしまいます。

STEP2 冬のシミ対策

 ① 洗顔は、美肌に最適な32℃くらいのぬるま湯でしましょう。
   洗顔するときは、洗顔石鹸又はクリームをたっぷり泡立て、泡で
   包み込むように洗顔しましょう。目尻や小鼻は指でなでるように
   して汚れを落としましょう。
   
   肌より高い温度のお湯で洗顔してしまうと、肌の水分や脂分まで
   失われ、乾燥してしまいシミの原因になってしまいます。
   32℃は冷たく感じますが、肌に負担をかけることなく、余分な
   皮脂や毛穴の汚れまでしっかり落とすことができます。
   洗顔する時は手で擦るとシミの原因になるので、擦り洗いはやめましょう。

STEP3

 ② 洗顔した後は化粧水を2、3回に分けて多めにつけましょう。分けて
   つけることで、肌全体に無駄なく成分を浸透させることができます。

 

STEP4

 ③ 乳液又はクリームを手のひらに伸ばして温め、肌を包み込むように
   つけましょう。温め包み込むようにつけることで、乾燥でつっぱった
   肌が柔らかくほぐれます。 

STEP5

 ④ 化粧するときはUVカットで保湿成分ある化粧下地をつけましょう。
   化粧下地は化粧くずれを防ぐだけでなく、乾燥、紫外線から肌を
   守ってくれます。

まとめ

肌の乾燥すると、紫外線やホコリな刺激を跳ね返る力が弱まり、肌はダメージを
受けてしまいます。乾燥に負けないためには、泡洗顔や保湿などの毎日の肌の
お手入れが重要です。理想の美肌をめざして毎日のケアをがんばりましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

23

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する