更新日: 2011-06-09 17:58:18

体の中からあたためる梅しょうが番茶

著者: smap1

編集者: smap1

閲覧数: 748

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by smap1

これ1杯で、冷えると低下しがちな代謝をグーーンっとアップします。
とても簡単なので、ホッと一息ティータイムなどにどうぞ。

STEP1

梅干は種を取り除き、果肉を細かくきざみます。

STEP2

器に梅干としょうが汁、しょうゆを入れ、番茶を注ぎ、混ぜ合わせれば完成です。

STEP3

梅干しには、たんぱく質や脂質が多く、カルシウム、リン、鉄などのミネラル(無機質)や、ビタミンA・Cも含んでいます。
成分には糖類は極めて少なく、その多くはリンゴ酸やクエン酸などの有機酸です。
クエン酸は、消化吸収を助け、胃腸の蠕動運動を活発にして便通をよくします。
ミネラル質は、新陳代謝が活性化され、疲労の回復にも役にたちます。

まとめ

寝る前に、梅干しにお湯を注いだだけの物を飲むと、足先までポカポカになり、ゆっくり休むことができます。
photo by smap1

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

100

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

材料(2人分)
梅干…2個
おろししょうが汁…大さじ2
しょうゆ…小さじ1
番茶…300ml