更新日: 2011-01-08 02:35:00

照明の色によって、食事の味が変わる!?

著者: mamamacaron

編集者: mamamacaron

閲覧数: 281

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by june29

照明は私たちが生活をするうえで欠かせない物のひとつです。
食事に関する照明の色の豆知識。

STEP1

料理の味・見た目によって、味覚が左右されるのはもちろんなんですが、
料理とは全く関係ない、部屋の照明の色を変えると、味の感じ方が変わります。

【照明の色】
白っぽい光(蛍光灯)→「甘み」と「苦味」に敏感になるのでキッチンによい
赤っぽい光(白熱灯)→胃の働きが活発になるので、食事をするダイニングがよい

STEP2

大昔に狩猟や採集で生活していた人間は、食料が毒かどうかの判断をしなければいけないので、昼間の太陽に近い白っぽい光だと味が敏感で判断しやすく、夕方の太陽に近い赤っぽい光では、消化の時間だと体が感じて働きが良くなるというのです。
人間は照明のない時代から、体が自然に光に反応していたのですね。

因みに、赤っぽい光は眠りが深くなるので、寝室も赤っぽい光(白熱灯)が良いようです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

19

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する