更新日: 2011-01-08 02:12:43

タマネギを切ったときの涙を防ぐ

著者: mamamacaron

編集者: mamamacaron

閲覧数: 161

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Shinagawa

タマネギは常備野菜で、どんな調理法でも美味しいし、どんな料理にも合う食材です。
しかし、あのタマネギの涙がツライですよね…

STEP1

タマネギを切るときの涙って、半端じゃないくらいに目は痛いし、涙がボロボロで、切る作業が進まない…
あのツライ涙を防ぐ方法は、皮をむいて冷水に浸しておくことです。
理由は、水で冷やすことにより、涙がでる原因の刺激成分「硫化アリル」の蒸発を防げるのです。「硫化アリル」は切断時に細胞が壊れ、成分が飛び散って蒸発し発生するので、この蒸発を防げばいいのです。

STEP2

同じ理由で、良く切れる包丁を使うのも手です。細胞をスパッと切れば蒸発する量は減ります。逆に切れ味が悪い包丁だと、細胞を押しつぶすことになるので、もちろん飛散が増えて、涙ボロボロです。
試してみてください。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

12

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する