更新日: 2011-01-08 00:55:13

100年前の回転木馬に乗る

著者: すもお

編集者: すもお

閲覧数: 215

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by すもお

100年前の回転木馬に乗る

 東京都練馬区の遊園地、としまえんには現存する
日本最古のメリーゴーラウンドがあります。

このメリーゴーラウンド、ルーズベルト大統領が乗ったこともある世界最古級の回転木馬でもあるのです。

STEP1

どこの遊園地にもあるようなイメージのある、メリーゴーラウンド。
実は、国内でもいまや限られた遊園地にしかありません。

中でも、としまえんの回転木馬「カルーセルエルドラド」は、現存している日本最古であるばかりでなく、世界的に見ても最古級のカルーセルなのです。

カルーセル・エルドラドが生まれたのは、1907年。ドイツのミュンヘンで開催されたオクトーバーフェスト(現在も毎秋に行われる世界最大のお祭りです。)でお披露目されました。

回転木馬自体が誕生したと云われる1860年頃から数えるより、長い歴史を見てきたのが、カルーセルエルドラドです。

STEP2

カルーセルエルドラドの装飾は、誕生当時に全盛だったアールヌーボー調の豪華な彫刻で埋め尽くされています。

そんなに豪華で巨大なカルーセルは、はじめのうちヨーロッパのカーニバルを巡業していました。しかし、戦争の影が訪れ、莫大な費用を使ってカルーセルと共に巡業することが困難になってきました。

そこで、固定した場所で興業を行うために、エルドラドの作者である機械技師ヒューゴー・ハッセが、アメリカはニューヨークのコニーアイランドにある遊園地スティープルチェイスに送り出したのです。

STEP3

エルドラドという名はアメリカで付けられ、1964年にコニーアイランドが閉園するまで来園者に親しまれました。

コニーアイランド閉園後、競売にかけられたエルドラドは、日本に買い取られ、1971年からとしまえんで活動し始め、現在も動き続けているのです。
世界中の大人や子供を乗せて回転してきたカルーセルに乗って、歴史に想いを馳せてみませんか?

としまえんのホームページは、こちらです。
http://www.toshimaen.co.jp/

アクセス:
・西武池袋線豊島園駅から徒歩1分
・都営大江戸線新宿豊島園駅 A2出口から徒歩2分
・西武有楽町線豊島園駅から徒歩1分

まとめ

としまえんがお城(練馬城)の跡地だったって、みなさんご存じでしたか!?

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

17

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
すもお

こんにちは。
活字中毒でかぶりもの好きな☆すもお☆です。
オバフォー独身です。

中学から美大の付属に通い、風変わりな事物に慣れ親しみました。紙媒...

必要なもの

カルーセル利用料金300円(入場料別途)