更新日: 2011-01-08 00:03:56

だるさを吹き飛ばす方法

著者: saita39

編集者: saita39

閲覧数: 1149

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Naoharu

なんとなくだるく、疲れが取れない時ありませんか。

そんなだるさとも今日でおさらばしてください。
自分のだるさのタイプを知り、だるさ対策をしましょう。

STEP1 ★ きちんと栄養が取れていないタイプ

ダイエットをしている人
貧血気味の人
好き嫌いの激しい人
外食の多い人

このような人たちは栄養のバランスが取れていないために、血液に十分な栄養が行き渡っていないために、元気が出なくだるさを感じているのです。

対策としては、
1. 鉄分の多い食品をとる
プルーン・ひじき・レバーなどを意識してとるようにする

2. 消化吸収を助ける。
よく噛んで食べること。
最低20回は噛みましょう。
よく噛むことで消化吸収を助け、栄養をたくさん得ることができます。

STEP2 ★ 体を使いすぎているタイプ

肉体労働の人
デスクワークの人
スポーツ好きな人

このような人たちは筋肉の使い過ぎで疲労物質である乳酸をためてしまったために、だるくなってしまいます。

(ポイント)
運動は大変良いのですが、上記のような人たちは体を動かしている時に呼吸をうまくできていないために疲労物質がたまってしまっています。
疲労物質の乳酸は呼吸の際に吸収する酸素と混ざると、エネルギーに変化してくれます。
スポーツでしたら、有酸素運動のエアロビやウォーキングがおすすめです。

対策としては
1. ビタミンCやクエン酸をとりましょう。
仕事後に酢を使った料理を食べると疲れが取れると昔から言います。
酸味成分をとることによって、このようなタイプは改善が見られます。

2. アロママッサージ
筋肉の疲労にはマッサージが最適です。
アロマの香りでリラックスもでき、一石二鳥です。
マッサージオイルにはグレープフルーツやジュニパーベリーが筋肉疲れを回復してくれます。

STEP3 ★ 血行不良タイプ

冷え症の人
低血圧の人
むくみやすい人

このような人は血液の流れが悪いために、だるさを感じています。

対策としては
1. 体を温める
特に下半身を冷やさないようにしましょう。
締め付けるような下着は逆効果です。
食事では体を温める効果のある、ショウガやネギ、ニラ、ニンニク、唐辛子をとるようにする

2. ストレッチ
簡単なストレッチでコリをほぐす

STEP4 ★ 少しうつ気味なタイプ

気分が晴れない人
やる気が起きない人
外出しない人
朝起きが苦手な人
人と会うのが好きではない人

このようなタイプは少々うつ状態になっている為、だるくなっているようです。
毎日の日常の中には小さなことですが、ストレスがたくさんあります。
このストレスが積もりに積もってきて、ややうつ状態にあるのでしょう。
完全なうつ病になる前にストレスをためない対策を考えた方がいいでしょう。

対策としては
1. 笑う
「笑う門には福来る」と昔から言います。
逆にうつ状態の人は一日のうちに数えるほどしか笑っていません。
意識して笑顔を作るようにしましょう。
作り笑いでもいいから笑うようにしましょう。
人に会ったか必ず「笑う」と決めるといいかもしれません。
自然とうつを脱出しています。

2. リフレッシュする
自分のストレス発散法を見つけましょう。
自分の好きなことをできないから、時間がないからと諦めないで、やってみましょう。
やってみて、だめならその時やめればいいのですから。
まずは、始めてみることが大切。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

21

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する