更新日: 2011-02-25 01:12:46

成人式=やはり振袖のお嬢さんが多いですね

著者: gang★

編集者: イヤイヤイヤイヤ

閲覧数: 289

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by NuriaMT

振袖は未婚の女性が黒留袖や訪問着に相当する格式の高い礼装として着る袖の袂が長い着物です。

振袖を着る最もポヒュラーな機会が成人式でしょう。

STEP1 *特徴と分類*

未婚の女性が祭礼や儀礼的な場面で着用する正装の晴れ着が振袖です。
袂の長さにより「大振袖」袖丈114cm前後「中振袖」袖丈100cm前後「小振袖」袖丈85cm前後に分類されています。

STEP2 *現在*

現在では最も袖丈の短い小振袖はほとんど着用されないが、格式があれば中振袖でも第一礼装として、一般的な大振袖より格が落ちるわけでわない(むしろ古風と認識される)

STEP3 *発生の時期*

現在振袖と呼ばれる和服が発生したのは、江戸時代で若い女性が着る正装の和服の袖丈が徐々に長くなっていった。
元禄時代(1688年~1703年)頃には袖丈は55cm~95cm位だったのが、江戸末期(1867年)には95cm~122cm位になったといわれる。

まとめ

明治時代以降未婚の女性の華やかな正装として定着していった。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

99

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する