更新日: 2010-07-21 03:34:12

犬の肥満とダイエットのコツ

著者: naohito10

編集者: naohito10

閲覧数: 309

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by naohito10

犬はコロコロ太っているほうが可愛い? いえいえ、肥満はいろいろな病気に関連します。太らせ過ぎないように食事や運動には気をつけましょう。すでに肥満になっているなら、今日からでもダイエットにトライ!

STEP1

なぜ太るのか? 答えは簡単。運動などで消費するエネルギーよりも食べ物から得るエネルギーのほうが多いからです。では、食べ過ぎが原因か?というと、それだけでもありません。太る理由は主に以下のようなものがあります。

* 食べ過ぎ

* 運動不足

* 病気の影響

* 加齢

* 避妊・去勢手術の影響

最も多いケースは食べ過ぎと運動不足でしょうが、日本の犬の3割近くが肥満であると言われる現代、その数字の一方で、自分の愛犬が肥満であると意識している飼い主さんは意外に少ないようです。「うちの子はちょっとふっくらしていて可愛いの!」くらいに思い込んでいる飼い主さんの意識が肥満を増やしているとも言えるでしょう。

STEP2

愛犬が肥満なのかどうか、どうやってチェックしたらいいのでしょうか? 目安になるものを挙げておきますので、時々はチェックしてみてください。

* 標準体重
適度な脂肪がつき、指で犬の背中を触ると肋骨に触れることができる。上から犬を見た時に腰にくびれがある。

* 過体重
やや脂肪がついており、肋骨に触れることが難しい。上から見た時、腰のくびれがない。

* 肥満
明らかに脂肪がついており、肋骨にはまったく触れることができない。上から見た時に腰のくびれがないのはもちろん、逆に樽のように丸みをおびている。


ラブラドール・レトリーバー、シェットランド・シープドッグ、ビーグル、ダックスフンド、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルなど、太りやすい犬種の子はまめにチェックをしてあげるといいでしょう。

最近では犬用の体脂肪計が登場しました。機会があったら動物病院で計ってもらうのもいいのではないでしょうか。

STEP3

できれば愛犬を肥満にはさせたくないものです。以下のようなことには気をつけましょう。

* 必要以上に食べ物を与えない
人間から見たら、ちょっとしたひと口。しかし、特に小型犬の場合、それが積み重なると予想以上のカロリーオーバーになります。あげたい気持ちをちょっとだけ抑え、適量を与えるようにしましょう。

* 適度な運動をする
食べ物から得たエネルギーをうまく消費しなければ、体重が増えてしまいます。適度な運動をこころがけて理想体重を維持しましょう。

* 定期的に体重やお腹周りを測定して記録を
肥満になっていきなりのダイエットはやはりきついもの。記録をとることで、体重が増えているようなら食事で調整したりできます。病気と同じように早期発見早期対処が肥満予防の近道と言えるでしょう。

STEP4

ダイエットが必要になってしまった場合には、何より飼い主さんの根気が必要になります。無理のない計画を立てましょう。

* 単純な肥満なのか、病気などの影響によるのか
病気が絡んだ肥満だったり、心臓病など何らかの病気がある場合には、動物病院でダイエットについて相談してください。最適な方法を指導してくれるはずです。

* 目標を決める
一気に体重を減らすのは危険なこと。それに、人はステップを踏んで少しずつ目標を立てたほうがゴールにある最終目標を達成しやすいものです。ダイエットをすると決めたなら計画を立ててみましょう。そして、理想体重を設定してください。何kgダウンをさせるのか目標を決めます。

* 食事の回数を2~3回に分ける
ダイエットのために食事量をかなり減らすというのは手っ取り早い方法ではありますが、栄養が偏る可能性もあります。食事量が足らないので犬は空腹になり、思わぬものを食べてしまうこともありますので注意すべきです。短期間の減量には使える方法だとは思いますが、やはり食事の量自体は極端に減らすことなく、その内容を替えてダイエットにトライしたほうがいいと思います。

犬になるべく空腹感を感じさせず、かつ満足させてあげるには1日の食事量を2~3回に分けて与えるのがいいでしょう。おやつを与えるのでしたら1日の量を決め、あらかじめ器などに入れておいて一粒ずつ与えるなど、なるべく少ない量で長く楽しめるような与え方を。

* 刺激のある運動で楽しくダイエット
運動はやはり必要です。しかし、いきなり激しい運動をするのはかえって体に負担がかかります。ただ散歩をするだけでも思った以上のカロリーは消費されるもの。散歩の途中でボール遊びをしたり、関節や心臓などに問題がなければ、坂道や階段などを利用して運動負荷をかけるのもいいでしょう。ぼ~っと寝ているよりも新聞をもってきてもらうなんていうことをやらせるだけでも、犬には刺激的。その刺激が微量であってもエネルギーを消費させてくれます。犬が空腹を忘れるくらいに楽しい思いをさせてあげるというのは運動にもなってまさに一石二鳥。ダイエットを楽しむくらいの気持ちでトライしてみください。



遊ぶ(運動する)ことと食べることは、犬にとって大きな楽しみ。それがどちらかに偏りすぎないように、バランスをとっていろいろな楽しみを与えてあげましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

59

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する