更新日: 2011-01-07 11:38:55

食事中の行儀をよくする方法

著者: いなみわけ

編集者: いなみわけ

閲覧数: 360

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

食べているときに、横を向いたり、おかしな座り方をしていたりといった、行儀の悪い習慣は、子どものうちになおしましょう。

STEP1 ①テレビを消す

食事中にテレビをみていると、行儀が悪くなることが多いです。

横を向かなければみられない、箸をいい加減に使いがち、というように、
テレビを見ながらの食事は、意識がそちらに向きすぎるため、
特にお子さんにはあまりおススメできません。

お子さんが小さいうちは、
食事中はテレビを消すとよいでしょう。

STEP2 ②細かく注意する

小さい頃の習慣が、そのまま大人まで残ります。
よって、食事における基本的なしつけは、
小さいうちにきちんとやりましょう。

箸の持ち方、座り方、茶碗の持ち方といった細かいことまで、
指摘したほうがよいです。
社会に出てから失敗するよりは良いですからね。

STEP3 ③会話を楽しむ、料理を楽しむ

食事は会話・料理を楽しむものです。
①のようにテレビばかりを見ないで、家族での会話を楽しみましょう。

これによって、お子さんがきちんとテーブルに向かうようになります。
また、食事のバリエーションを増やすことで、
お子さんも食事を楽しめるようになるでしょう。

まとめ

食事を楽しめるような工夫をすると良いでしょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

90

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。

必要なもの

しつけ