更新日: 2011-07-19 15:14:05

秋の七草のご紹介

著者: サイバーブレイン

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 194

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by yutaka-f

秋の野山には、風情のある可愛い花が数多く咲きますが、萩、尾花、葛、撫子、女郎花、藤袴、桔梗は、秋を代表する七草として、古くから万葉集、俳句などにも読まれ、多くの人に愛され、親しまれてきました。特に、桔梗、撫子は愛好家も多く、家庭園芸でも盛んに栽培
されています。

STEP1 ●萩

マメ科の落葉低木で、別名鹿名草、鹿妻草とも言います。
木萩、野萩、山萩など沢山の種類があり、古くから万葉集、俳句にも多く読まれています。
●尾花
イネ科の多年草で、別名芒(すすき)、花芒とも言います。
野山で群生した芒の花穂が、晩秋の夕日をうけて風にそよそよとゆれる様は、まるで、大海原の白い波を見るようで、自然の荘厳さと美しさに感動します。
●葛
マメ科の多年草で、別名葛鬘とも言います。
葛の根から葛粉が作られ広く市販されています。
    

STEP2 ●撫子

ナデシコ科の多年草で、別名おもい草、大和撫子とも言います。
野山で自生し夏の終わり頃から、白やピンクの可愛いらしい花をつけます。
撫子にまつわる有名な句 お地蔵や花なでしこの真中に    一茶
●女郎花
オミナエシ科の多年草で、別名おみなめしとも言います。
小粒で黄色の細長い花を沢山つけます。高嶺女郎花、大葉女郎花などの種類があります。
●藤袴
キク科の多年草で、別名香水蘭、蘭草とも言います。 

STEP3

●桔梗                                       キキョウ科の多年草で、別名桔梗(きちこう)、一重草とも言います。
一般的にも広く栽培されており、六月の終わりごろから、気品のある可愛い花を咲かせることで、女性に人気があります。栽培は、比較的簡単で多くの種類が市販されています。

まとめ

撫子、桔梗は比較的簡単に栽培できるので、一度ご自宅で栽培してみてください。
土は市販の赤球土(中粒)に腐葉土を6:4の割合で混合した土を、自分で作って使用して下さい。水はけも良く、根腐れせずに生育も良くなると思います。肥料は、油粕、化学肥料を与えます。家庭園芸は土作りが最も重要なポイントにまります。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

23

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

赤球土、腐葉土
植木鉢(素焼鉢、プラスチック鉢、プランター等)
肥料、水等