更新日: 2011-08-08 14:19:46

お肌にやさしい塩石けんを手作りする方法

著者: nishioka-s

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 664

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by cinz

自然派化粧品、ナチュラル素材の化粧品や洗顔石けんが注目されていて、いろんな種類の物がお店で売られていますね。試してみたいけれど、ちょっと値段が高かったり、肌に合うのかな?本当に悪い成分が入ってないのかな?など、買うのに迷ってしまったりします。自分で手作りできたら、手軽に試せますよね。

STEP1 毛穴のつまり、くすみ、しみ

……などの肌のトラブルにお悩みの方にオススメの塩石けんを超簡単に手作りすることができます。塩石けんは、アトピー肌の方にもオススメなので、是非1度試してみてください。ただ、肌荒れがひどい状態だったり、傷があるときは、塩が肌にしみるのでやめておいたほうが無難だと思います。最初は、少しずつ様子を見ながら使ってみてくださいね。

STEP2 使用する塩を選びましょう

肌に有効なミネラル成分が含まれている自然塩を選ぶことがポイントです。自然塩もいろんな種類が売られていますが、混ぜやすい粒子が細かい物がおすすめ。

STEP3 塩と混ぜる石けんを用意

塩の効果をいかすために、植物性で無添加の固形石けんがいいですね。この石けんをおろしがねですり下ろします。

STEP4 塩を20グラム、石けんをすりおろしたものを80グラム

をスプーンなどで混ぜ合わせる。それだけで完成です。使うときは、それを少し手に取り、お湯を少し混ぜよく泡立てます。泡立てネットを使うと泡立ちやすいですね。

まとめ

使うときは、ざらざらが残らないようによーく泡立てましょう。使ってみて、お肌がひりひりしたり、異常があれば使用を見合わせてください。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

75

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

ミネラルを含む自然塩20グラム、植物性石けん80グラム