更新日: 2011-01-06 18:00:58

風邪にマスクは効くの?

著者: fuuka3

編集者: fuuka3

閲覧数: 206

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by kaex0r

どのマスクでもよい、ということではありません

STEP1 風邪には、マスクと手洗い・うがい、と言われていましたが

最近は違うようです。

マスクの効果、に関しても、効果があるのかないのか、と
いう説も出ていました。

STEP2

風邪の種類にもよりますが、一般的な感染に関してまとめてみます。

◆飛沫感染
 直径5マイクロ以上の水分の内部に、ウイルスを含んだ粒子の吸入によって感染。
 感染した人からの咳やくしゃみ、会話の際に粒子が飛散するために生じる。
 水分の重さによって粒子は急速に落下するため(秒速30~80cm程度)、
 感染者との距離が短いほど感染の危険が高まる。

◆空気感染
 別名を飛沫核感染。
 病原体を含む飛沫核は直径が5マイクロ以下と小さく、周囲に水分を含まないため、
 飛沫感染と比べて落下するまでの速度は緩やか(秒速0.06~1.5cm)。
 しかも、一度落下したウイルスが再び空気中に舞い上がる可能性もあるため、
 病原体となるウイルスは空気中を長時間にわたって漂い続ける。
 空気の流れで広範囲に飛散するため、大規模な流行を起こすこともある。

◆接触感染
 糞口感染と呼ばれることも。
 便や嘔吐物、ウイルスに汚染された食品に接触した人間の手や指先に付着した
 ウイルスを経口的に摂取することによって感染する。
 昨今流行しているノロウイルスもこの様式で感染する。
 衛生環境の悪いところでは感染が広がりやすい。


マスク購入の際の目安として考えることが可能ですね。
安いマスクも多く販売されていますが、鼻から顎までを多く事ができるもので
ないと意味がないようです。
ミクロン数を確認して、購入するようにしたいですね。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

15

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する