更新日: 2011-01-06 12:02:20

お米のとぎ汁の有効活用術

著者: hana-haha

編集者: hana-haha

閲覧数: 209

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by hana-haha

毎日の炊飯で捨てられるお米のとぎ汁。色々な使い道がありますよ。

STEP1 野菜のあく抜きや下茹でに

たけのこのあく抜きは、お米のとぎ汁で茹でるのが効果的です。また、里芋の下茹でに使うと、ぬめりが出ません。大根の下茹でに使うと、大根の甘みが増して美味しくいただけます。
下茹でに使う場合は、1回目の汁はゴミも多いので2回目以降のとぎ汁で行ってください。

STEP2 拭き掃除に

米のとぎ汁の中には、ぬかの成分である油分も含まれています。床の拭き掃除に使えば光沢がでます。また、油を落とす作用があるので、窓ガラスやレンジ周りの掃除にも使えます。

STEP3 密閉容器の臭い消し

合成樹脂の密閉容器は、食品の臭いが染み付いてしまうことがあります。そういう時には30分ほどお米のとぎ汁に浸し、そのあと洗剤で洗い流せば臭いをとることができます。

STEP4 植物の肥料に

昔は野菜を育てるのに、米ぬかを肥料にしていました。ぬかには栄養分がたっぷり入っているので、とても良い肥料になります。お米のとぎ汁にも、ぬかの栄養成分が含まれているので、水のかわりに活用しましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

33

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
hana-haha

毎日の生活から、発見や情報をご紹介。