更新日: 2011-01-06 11:11:25

がんの新しい治療法、分子標的治療について

著者: Lavandin

編集者: Lavandin

閲覧数: 386

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by gtknj

分子標的治療薬は、従来の抗がん剤と比べて、副作用が小さいことが多いとされています。

分子標的治療薬というのは、がん細胞の成長を遅らせたり、がん細胞が死ぬのを促進する治療法として現在研究がすすめられています。

分子標的治療薬について、簡単に知識を学んでみましょう。

STEP1

分子標的治療薬というのは、がん細胞の成長や生存に関する特別な経路を阻害する薬のことです。

分子表的治療薬には、がん細胞に成長のシグナルが到達しないようにブロックするものもあれば、がん細胞に供給される血液の量を減らすものもあり、また、がん細胞を認識し攻撃する免疫システムを活性化するものもあります。

STEP2

これらの治療はしばしば、手術、抗がん剤治療、放射線治療などの従来型のがん治療法と併用して使われます。

その改善の程度は、薬剤によって、またがん細胞の特別な性質の有無によって異なるそうです。

個々の患者に最適でより効果の高いがん治療を行うために、治療が始まる前にがんの組織標本を検査する必要があるかもしれません。

STEP3

分子標的治療で最も成功したものの1つは、慢性骨髄性白血病(CML)に対するイマチニブと呼ばれる治療薬です。
イマニチブはCMLの治療を劇的に変えることになりました。

このイマチニブは、慢性期(病気の勢いが落ち着いている初期の段階)のCML患者に高い確率で寛解をもたらし、その副作用はわずかであることがほとんどということです。

STEP4

CMLの他には、非ホジキンリンパ腫、大腸がん、乳がん、腎臓がんなどにも、それぞれ分子標的治療が効果を上げているそうです。

詳しくは、米国国立がん研究所(NCI)のホームページ、または日本語ページをご参照ください。

米国国立がん研究所(英語)
http://www.cancer.gov/

がん情報サイト(日本語)
http://cancerinfo.tri-kobe.org/

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

84

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
Lavandin

音楽や美術、写真などのアート、旅行、フランス語学習、料理、健康、カフェめぐりなどが趣味です。

現在、心理カウンセラーの勉強中です。
アロマテラピー...