更新日: 2011-01-13 20:27:03

お祈りの手紙、履歴書…きれいにお別れするコツ

著者: abes

編集者: abes

閲覧数: 557

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by KUDOU Takahiro

昨年の就職活動で、多くの応募書類やお祈りの手紙が返却されたことでしょう。
あまりの多さに、もう、うんざり!と思っていませんか?

STEP1 どんど焼きをご存知ですか?

「1月14日の夜または1月15日の朝に、刈り取り跡の残る田などに長い竹を三四本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って焼く。その火で焼いた餅(三色団子の場合もある)を食べる、また、注連飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくとその年の病を除くと言われている。また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると言われている。 道祖神の祭りとされる地域が多い。」
(wikipediaより)

STEP2 この行事を利用しましょう。

応募書類、お祈りの手紙は紙です。
クリップ、ホッチキス、クリアファイルは環境への配慮です。
必ず外しましょう。
燃えないゴミにまとめて捨てます。

STEP3 今年の採用を祈って、燃やしてもらいましょう。

どんど焼きがいつあるかは、お住まいの地域の広報で確認します。
その際に、応募書類、お祈りの手紙を燃やしても良いか、同時に確認しましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

67

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する