更新日: 2011-01-06 02:02:31

体の熱を逃がさない工夫

著者: happy-cam-cam

編集者: happy-cam-cam

閲覧数: 353

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by bm.iphone

家にいる時も出かける時も暖かい服装をしましょう。
首や肩、腰、手のひらなどが外気にさらされたり、衣類の隙間があると体の熱が放出されて寒くなります。

STEP1 上半身は首元を温めると体感温度がアップします。

タートルネックの服を着たりマフラーやネックウォーマーなどでガードしましょう。
薄手のシャツ(ヒートテックなど)を何枚か重ねると衣類の間の空気の層が体温で温められて暖かくなります。

STEP2

体の中で「首」のつく箇所、首以外に手首や足首も手袋やレッグウォーマーなどでガードすることで体感温度はアップします。
仙骨(腰の逆三角形の骨)の位置に衣類の上から使い捨てカイロを貼ると体幹から温まります。下腹部にも貼ると効果倍増です。

まとめ

使い捨てカイロを使う時は、低温やけどに注意してください。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

74

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する