更新日: 2011-08-16 14:39:50

首都圏一都六県を130円で旅行できる方法

著者: なつき

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 895

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by なつき

旅行したい、けどそんな余裕ないな~とあきらめている方、わずか130円で関東一周することが出来る方法があるのをご存知ですか?電車マニアの人には有名な方法ですが、紹介させていただきます。

STEP1

Photo by なつき

のんびり旅行でもしたいな~ でもそんなお金ないよ~と、あきらめてしまっている方、こんなとっておきの方法があるのをご存知ですか?
関東のJRで「首都圏」と表記される区間(東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城・群馬・栃木の一都六県)については、
・同じ路線を一度も通らず一筆書きの要領で
・改札から出ずに1日で回れる
・隣の駅までの移動にはどの路線を使っても料金は同じ

というルールがあるんです。(大阪近郊・福岡近郊にもあります)
それを応用した、「大回り」という乗り方があって、これは鉄道ファンの人には有名な方法なのですが、一般の人でも時間さえあれば気軽に出来る方法なので、是非試してみると新しい楽しみを発見できるかもしれません。

STEP2

例えば、東京駅から神田へ行く場合に、そのまま山手線で行けば一区間で130円、1分もすれば到着してしまうわけですが、
山手線を逆走して一周して神田へ行っても130円ですし、東京から京葉線を通って、千葉方面をまわり、総武本線や成田線をまわり、さらには常磐線や高崎線をまわって帰ってきても、JRの首都圏路線図に掲載されている駅と路線の中で一筆書きになっていれば、料金は同じ、130円なのです。
なんのためにそんなことをと思う人もいるかもしれませんが、駅の改札の外にさえ出なければ、130円の旅費で高崎のだるま弁当を買ってきたり、栃木や茨城などのご当地菓子をキヨスクで買ってきたり、千葉方面や神奈川方面へ足を伸ばし、車窓から海をのんびり眺めてくることも出来るわけです。

STEP3 ただし、この方法には1つだけ必要な手順があります。

まず、券売機で買った130円の切符を、出るときに自動改札を通ることが出来ません(山手線一周くらいなら大丈夫かもしれませんが、遠方へ出向く場合に、時間がかかっているために自動改札ではエラーが出てしまい通れなくなります)
そのため、有人改札を通ることになります。
駅員さんに、どういう路線を経由したかを書いたメモをあらかじめ作っておき、大回りです、と一声かけてメモ添えて切符を渡します。
駅員さんによって対応も変って来るため、「大回りです」と言うだけで通してくれる人もいるし、路線を全部チェックしてくれる駅員さんもいます。
でもほとんどの駅員さんは、路線をチェックしながら、にっこり笑って、
「お疲れさまでした」と言ってくれます。
ちょっぴり恥ずかしい時間でもありますが、1日かけて隣の駅まで行くというゲームのようなものでもあり、時間さえあれば誰でも楽しむことができます。
なお、用意するものに、260円と書いているのは、スタートした駅まで戻ることができないので、隣の駅(例に出している東京スタートの場合の神田まで)の切符とは別に、神田から東京まで戻る電車代が必要になるので、260円としています。

まとめ

時間はあるから気分転換したいけど、お金に余裕がないから旅行なんてムリムリとあきらめている方に、気軽に日帰りの旅行を楽しんでもらうことが目的。もっとも温泉や観光地はこのさいガマンしていただきたいのですが、遠くに来たな~という旅行気分は味わうことが出来ます。正式に認められた方法であり、キセルなどのやってはいけない行為ではないので気軽に堂々と楽しんでみてください。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

38

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

・260円とお茶・お弁当・お土産代とのんびりできる時間を一日分