更新日: 2011-02-04 14:07:59

赤ちゃんのストローの練習方法

著者: harisenbon-h

編集者: harisenbon-h

閲覧数: 6796

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by yookoosoo

ストロー初心者の赤ちゃんの練習方法です

STEP1 ミルクを飲む時には、哺乳瓶を使いますよね。

「吸う」と言う原理は同じなんで、試しに紙パックにストローを刺して、飲ませて見て下さい。
ただしその際に『ストローの吸い口をギリギリまで短く』します。
紙パックから1センチ出るか出ないかぐらいの長さにして吸わせてみれば、きっと吸ってくれると思いますよ。

STEP2 ストローは「細くて長い」と言うのが、ネックなんです。

赤ちゃんにとっては、口を窄めて吸うと言う事が初めての経験ですし、長ければ長いほど吸うのに力が必要になります。
それで吸えるようになれば、後は徐々にストローを長くしていけば、慣れて吸ってくれるようになります。

STEP3 紙パックの飲み物を使う手もあります。

紙パックの飲み物にストローを刺します。
口にくわえたら紙パックを一瞬軽くギュッと押します。
ストローを通じて飲み物が口に入ります。
後は勢いで吸って飲むようになります。吸えば出るというのが理解できるようになるようです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

43

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する