OKWAVE Guide 印刷用:石鹸ケースはもういらない!?ひと手間かけて使える泡立てネットに!|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]
Large 2011 0105               0005

必要なもの
・洗顔用泡立てネット
・石鹸
・針
・糸(できればテグスなど、ビニール系のものがよいと思います)

皆さん、石鹸はいつもどのように保管していますか?
一般的には普通に石鹸ケースに入れたり石鹸置きに置いたりしていますが、それだとどうしてもケース内に水分が滞り、石鹸がふやけてしまいがちですよね。
それを解消するのにとっても役に立つのが100均などでよく売られている洗顔ネットです。これを使ってこの悩みを解消しましょう。

【ステップ1】

朝晩の洗顔や入浴時の身体洗いなどに石鹸を使っている方はたくさんいらっしゃると思いますが、皆さん、石鹸ケースはキレイに保てていますか?
石鹸ケースにはいろんな形状があってどれもしっかり水切りできるように工夫されていますが、洗面所や浴室はどうしても湿気が多く、ちょっと使うとすぐふやけた石鹸がケースについたり、底の方に黒かびがついたりしていつの間にか汚れた感じになってしまいますよね。
そんなときはこんな方法がオススメです。

【ステップ2】

洗顔石鹸を買ったときについてくる泡立てネットやよく100均に売られている泡立てネット、これがもし袋状になっていて中に石鹸が入れられればとっても便利に使えると思いませんか?でも、いろんなお店を回っても袋状になっているものはなかなか見つかりません。

【ステップ3】

そこで、泡立てネットの横部分や底部分を自分で袋状に縫って石鹸を入れて閉じれば、石鹸ケースはもう不要、洗面所や浴室にかけておけば、そのまま水に濡らして使える便利グッズに変身しちゃいます。
これだといちいちケースから出し入れしなくてすむし、使ってすぐ壁にかけるのですぐ乾くので、せっけんも長持ちしますよね。
縫い物苦手の私にも簡単にできたので、皆さんもぜひ試してみてくださいね。

【ポイント】

・全部縫ってしまってもいいですが、それだと石鹸を補充する時にいちいち糸をほどかないといけなくなるので、石鹸が小ぶりであればそれが入るくらいの隙間を残して縫うか、一箇所ボタンでとめるなどの工夫をされるとよいと思います。