更新日: 2011-02-15 23:21:48

子どもの担任の先生と上手く付き合う方法

著者: KerokeroP

編集者: KerokeroP

閲覧数: 1189

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by naosuke ii

子どもの担任の先生と上手くコミュニケーションが取れない方は試してみてください。(小学生までで実行可能)
段々と先生の本音も聞けるようになります。

STEP1 子どもの連絡帳に先生への手紙を書きます。

新学期、参観日や行事の後などの要所では、もちろん。
その他でも体調が悪い時や気になる様子のあった時など、とにかくこまめに書きます。

STEP2

この時に、先生を非難するようなことを1番に書いたりしてはNG。
お礼や、お願いという態度で行きましょう!
また、絶対に電話はしては駄目です!
手紙は手の空いたときに返事ができますが、電話は相手の予定に関係なく時間を取ります。

STEP3 手紙を書かれると返事をしないわけにはいきません。

何度かやり取りしている内に自然と我が子に余分に目が行くようになります。
そうすれば、大丈夫。
懇談の時などに、先生の本音なども聞いてみましょう。

まとめ

最初の内は、先生を非難するような言葉は絶対にタブーです
その内徐々に本音を言いましょう
電話は効果半減どころか10分の1です

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

101

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
KerokeroP

料理とお菓子好きの食いしん坊です

必要なもの

手紙を書くペンとこまめな心遣い