更新日: 2011-06-07 14:17:56

ショック!!部屋に発生したダニのような白い小さな虫の撃退法

著者: okyume

編集者: kumapis

閲覧数: 108026

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by okyume

「えっ、なにこれ!?」掃除の途中、何気に木の壁に顔を近づけると目に見えるか見えないかの体長0.2mmぐらいの白い丸っこい虫がウヨウヨ、なんて経験はありませんか?

別に掃除をさぼっていたわけじゃないのになぜ?・・・あわてていろんなタイプの殺虫剤を買ってきて試したけど全く効果なし。

そんなとき、簡単でびっくりするほど有効な方法を発見しました!!

STEP1 1.ダニのような白い虫が大発生!!

築二十数年、木造二階建ての一軒家。その虫が発生したのは家の中で一番日当たりの悪い、山側の一部屋でした。その虫が発生している壁付近をよく見ると、その壁につけて置いてある棚や本や置物などにもその虫が這っていて、駆除するにも一体どこから手をつけてよいやらわからない状態。こんな時、あなたならどうしますか?

STEP2 2.大発生は一部屋だけ!?

「まさか、家中で大発生!?」と他の部屋も見て回りましたがそうでもなく、どうやらこの一部屋の、しかも一番結露がひどい一角に集中して発生していることがわかりました。
でも、掃除をさぼっていたわけじゃないのにどうして??家が老朽化してるから?それよりこの虫は一体なに?壁にこんなにたくさんいるってことは、この部屋のじゅうたんにも拡がってるってこと!?こうなるともう頭は真っ白、部屋中の物をまとめて捨てたくなりますよね。

STEP3 3.原因をさぐる

それからはひたすら虫の正体と発生の原因、駆除方法などを探して回り、この虫の正体はケナガコナダニなどのダニの一種かチャタテムシで、主に冬の湿気の多いところを好んで大量発生するが、市販の殺虫剤などでは効き目がイマイチであることが判明しました。
実際に市販の殺虫剤を試してみましたがほとんど効果なし。かといって業者に頼むのは億劫だし、なによりお金がかかります。

STEP4 4.新兵器、発見!!

そこで!一か八かやってみたのが、『徹底的に乾燥作戦』です。
キーワードは「冬の湿気の多いところを好んで発生する」というところに着眼し、ならばこの虫が住めない環境にしてやろう、という試みです。
朝起きてすぐその虫が大量発生している場所に温風ヒーターを当て、外出するとき以外はずっとつけておく。それを丸々2日間続けると・・・なんと、あんなにたくさんいた虫がほとんど見当たらない。部屋の隅の方に数匹残っているだけで、本や置物に這っていた虫たちも不思議なくらいこつ然と姿を消しているではないですか!!

もちろん、古い木造住宅なので単に住みかを変えただけでまだ家のどこかにはいるのかもしれませんが、どんなところにも虫はいるものなので、たちまち居住空間から出て行ってもらえればOK。やたらに殺虫剤を使うと今度は健康面での不安が出てきますので、そういった面からもこの方法はオススメです。

まとめ

・とにかく火事には気をつけてください。特に外出時にはちゃんと消したかどうかチェックをお忘れなく!

・除湿機・除湿剤なども併用すると一段と効果的です。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

305

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

温風ヒーター、温風ストーブなど