更新日: 2011-02-09 13:07:41

離乳食のおかゆ

著者: harisenbon-h

編集者: harisenbon-h

閲覧数: 276

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by kimi-

手間がかかるように思える離乳食のおかゆを簡単に作りましょう。

STEP1

お米自体は、お鍋で炊けば20分から30分で赤ちゃんに食べさせられる程度までちゃんと糊化しますが、そのあと、とろりとしたとろみが全体に回るのを待っていると炊きはじめから1時間くらいかかると思います。この「待ち」の時間は加熱する必要はなく、ただ温度がキープされていればよいので、とろ火でもいいですし、電気釜なら保温機能を使ってもいいのでは? 要するに、お米が十分に糊化していることと、お米自体が飲み込みやすいやわらかさになっていること、そのためにシャビシャビの「お湯+米粒」ではなく全体的にとろみのある状態が理想です。これが理想ではありますが、ウンチに異常がなければ、神経質にならなくても大丈夫です。

STEP2

おかゆだけ特別に作るのではなく、お釜に陶器の入れ物(蕎麦猪口とか)をセットしてご飯を一緒に炊けるのをご存知ですか?
ご飯を炊く時に、この入れ物の中に5倍粥の材料を入れて一緒に炊きます。で、普通に炊きあがった状態だとまだとろみがついていないので、保温(うちは土鍋なのでそのままにしていますが、電気釜だと保温機能でしょうか)して30分くらい待てば、赤ちゃんにあげられる状態になります。

STEP3

ちなみに、軟飯の場合は、水の量だけ調節してふつうにご飯を炊いて大丈夫です。蒸らしの時間を長めに(20分以上)取ると、ふっくらします。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

65

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する