更新日: 2011-07-21 13:27:19

3D酔いを防止する方法

著者: いなみわけ

編集者: kumapis

閲覧数: 917

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

ゲームをやっていると、車酔いのような症状になることがあります。これを防止・克服する方法です。

STEP1 ①寝不足時にはやらない

寝不足のときは、脳と眼が疲れているため、
ぐるぐる回る画面を見つめていると、
処理能力がついていかなくなります。

現実世界と違う動きをするので、
3Dゲームはある程度の脳の処理が必要となります。
そのため、寝不足のときはゲームを控えましょう。

STEP2 ②部屋を明るくして

暗い部屋でやっていると、眼が疲れるだけでなく、
周囲が見えないため画面にのみ集中することになります。
すると、自分が回っているのか、
画面が回っているのかを、脳が判断できなくなります。

ゲームは、部屋を明るくし、画面から離れてしましょう。

STEP3 ③ゲームのカメラを固定する

ゲームのカメラ、視点人物の視点をできる限り固定することで、
酔いを軽減できます。

ゲームの視点と、現実の身体の動きと対応していないので、
酔いはおきます。
そこで、身体を同時に動かすか、
ゲームの視点を固定することでそのずれをなくせます。

ゲームのように動くのは難しいので、
ゲーム内の視点を固定すると良いでしょう。

まとめ

酔いどめも効きますが、まずは身体の調子を整えることが大事です。また、長時間やりすぎないようにしましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

92

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。