更新日: 2011-06-10 16:33:31

就活での名札の作り方

著者: いなみわけ

編集者: airiiiii

閲覧数: 2992

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

就職活動のセミナー、面接、グループワークなどで、名札を作ることってありますよね。そんなとき、失敗しない方法です。

STEP1 ①振り仮名をふる

必ず、漢字の名前の上には振り仮名をふりましょう。

これによって、見た人がすぐ名前を読めるだけでなく、
人事の人の好感度もあがります。

といっても、今はふるのが普通にもなっていますので、
むしろふらないと怒られるかもしれません。
かならず振り仮名をふりましょう。

STEP2 ②大きな文字で

名札にかぎらず、
名前は大きな文字で書きましょう。

就活で最も大事なことは、名前を覚えてもらうことです。
そこで、名札は重要なわけですが、
みたたけで目を引く名札を作ることで、
人事の人にも覚えてもらいやすくなります。

名前は可能な限り大きく書きましょう。

STEP3 ③色を使う

白黒な名札は、クールな感じを与えますが、
一方で色をつけると華やかさが増します。

例えば、名前の下に赤線を一本ひくだけでも、
目を引くことができます。

書けといわれて、用意されたペンの中に色ペンがあったら、
ワンポイントとして使用すると良いでしょう。

ただし、あまり沢山使うと、子どもっぽくなってしまいます。
ビジネスであるということを踏まえつつ、
良い意味で他の人よりは目立つようにしましょう。

まとめ

まずは人事の人に、顔と名前を覚えてもらうことを目指しましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

110

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。