更新日: 2011-08-01 16:25:24

ランナー1・3塁で犠牲フライを落球。2塁で1塁ランナーを封殺した場合の記録は?

著者: くろすけ

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 1190

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by MissChatter

草野球ではトンネルやポロリなどのエラーはありがち。
実際に目にした場面で、記録はどうなるかを検証します。

ステップで状況を説明します。

STEP1

1死ランナー1・3塁で打者はセンターへ犠牲フライには充分なフライを打ち上げました。そのまま捕球して3塁ランナーがホームインすれば、打者には「打点1」「犠飛1」「打席1」が記録されます。「打数」にはカウントされません。

STEP2

しかし、センターはホームタッチアウトを焦って落球してしまいました。それを見て、慌てて1塁ランナーは2塁へスタート。3塁ランナーは触球の時点でタッチアップしているので余裕でホームへ。センターは球を拾い2塁へ送球。1塁ランナーを封殺しました。打者走者は1塁セーフ。もしも3塁ランナーがいなければ、センターゴロと記録される場面です。
打者は、捕球されてアウトになっていれば犠牲フライになって打率が下がらなかったのに、落球されると犠牲フライにならず打点も入らず打率も下がってしまうのでしょうか?

STEP3 正解は、

・打者に「打点1」「犠飛1」「打席1」
・センターにエラーは記録されない

もし1塁ランナーがおらず封殺が無かった場合は、打者に「犠飛1」(テーブルスコアなどでは「犠飛失」と書かれるでしょう)、センターに「失策1」が記録されます。今回はセンターはフライ捕球で得るアウトの代わりに2塁封殺でアウトを得ているので、センターにはエラーは記録されません。

まとめ

守備側の不手際(落球)のせいで、打者が犠飛から凡退になって損をすることはありません。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

106

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する