更新日: 2011-01-15 12:08:48

証券取引所で膨大な量の株式を処理できる理由

著者: lovelyshiba

編集者: lovelyshiba

閲覧数: 183

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by growdigital

次々と発売されるマルチメディアの新製品。
そんな身近な家電から
インターネットの基盤設備まで幅広く使われているのが
オペレーティングシステム リナックスです。

実は、東京やニューヨークの証券取引所のシステムもリナックスなんです。
膨大な量の株式の売買を確実に処理し続けています。

STEP1 【リナックスの開発者は?】

いまやITを支える存在となっているリナックスを開発したのは
フィンランドのリーナス・トーバルズさんです。

この人こそ革新的な開発者だと思います。

リナックスは1991年に作られ、
もともとはパソコン用のオペレーティングシステムだったのです。

リーナスさんは世界中の数千人のプログラマーと協力しあって
その性能を高めてきました。

STEP2 【リナックスの使用されている分野は?】

今リナックスは様々な分野で使われています。
脅威のスピードで成長を続けるインターネット。
その根幹を支えるサーバーやルーターの多くがリナックスで動いています。

リナックスはその高い拡張性、信頼性により私たちの日々の暮らしを支えています。
進化はとどまるところを知りません。
私たちの気づかないところで、リナックスの普及は急速に進んでいます。

まとめ

いまやリナックスは、身近な家電製品でも使われています。

・パソコン
・携帯電話
・デジタルカメラ
・デジタルオーディオプレーヤー 
・テレビ
・ビデオ
・オーブントースターなどの家電
・証券取引所でも使われています。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

13

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
lovelyshiba

得意ジャンルは、美容、健康、料理、ペットなど・・・です。