更新日: 2011-01-05 12:02:41

麻雀の楽しみ方 初級編 牌の種類とゲームの進行

著者: さりうすーあんこ

編集者: さりうすーあんこ

閲覧数: 5097

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by さりうすーあんこ

麻雀は楽しいゲームだけでなく、自然と脳を活性化してくれる素晴らしいゲームです。
今回は牌の種類とゲームの進行の仕方を説明をしたいと思います。

STEP1 牌の種類。

Photo by さりうすーあんこ

風牌(東・南・西・北)×4枚。
三元牌(白・發・中)×4枚。
ピンズ(1~9)×4枚。
ソウズ(1~9)×4枚。
マンズ(1~9)×4枚。
合計136枚使用します。
ルールによって赤牌や花牌(ドラ扱い)を使う場合もあります。

STEP2 場の風と自分の風。

4人で親が2周し終わるまでゲームが続きます。
最初の1周目を東場、2周目を南場と言います。
親が東家。そこから右回りに南家・西家・北家となります。
親が上がれば親を続けることが出来ますが、親が上がれないと、南家の人が次の親になり、そこから東家・南家・西家・北家となります。

STEP3 ゲームの進行。

14枚持っている親(東家)がいらない牌を1枚捨てて、南家の番になる。
以下、南家・西家・北家の順番に山から牌を一枚ツモって、いらない牌を一枚捨てる。
つまり上がってない状態では手持ちの牌は13枚、上がる時は14枚となる。

まとめ

難しそうですが、慣れてくるとスムーズに出来るようになると思います。
場の風と自分の風は役を作る上で重要になるので覚えましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

21

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

ブログを書いています。
よろしくお願いします。

アメブロ/猫/麻雀/デジカメ/パソコン/Salyu/平井堅/いきものがかり/Monkey Maji...