更新日: 2010-12-27 08:45:21

クリエイターブランドは通用するか

著者: イヤイヤイヤイヤ

編集者: イヤイヤイヤイヤ

閲覧数: 172

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by popculturegeek.com

元もじぴったんプロデューサーの方が書かれているブログが素晴らしいので、いちファンとして、多くの人にゲーム作りのハウツーとして広めたいと思い、勝手ながら引用させてもらいました。

不適切なら削除してください。



引用元: 元もじぴったんプロデューサーの生の知恵ブログ

http://ameblo.jp/takashi0nakamura/entry-10746721933.html

STEP1 このブログでは何度か「ブランド」の話をしています。

「ブランド」=信頼の証、ですが、その「ブランド」にも色々な種類があります。

例をあげると、

・会社名 ( 任天堂, セガ, .... )
・タイトル ( モンスターハンター, .... )
・クリエイターorプロデューサー名
・チーム名, レーベル名 ( AM2, Team Ninja ... )
・キャラクター名 ( マリオ, ... )

等があります。

多分挙げた中で、一番お客様に通じにくいのは個人的にはクリエイターorプロデューサー名だと思います。

「XXXXさん」と名前を言われてもわからず、結局「○○○を作ったXXXさん」と言われて、あー、そうなんだとなる事が業界で働き始めて長い僕でもあります。

STEP2

実際、多分業界で一番有名なクリエイターでプロデューサーの任天堂の宮本さんでも、例えばうちの嫁は知りません(笑)。
宮本さんが作ったマリオは知らないはずがないですけれど....
(宮本さん、見てたらすみません...)

ですが、僕が葛西にあるゲームショップ「ゲームズマーヤ」の秋谷店長にこんな事を教えてもらいました。
「商品(ゲームソフト)をどれだけ入荷するかは勝負。勝負に勝つには誰がプロデューサーで、誰がクリエイターか、何を作ったチームなのか、内部開発なのか外部開発なのか、どの会社が開発等は基本全部調べる。そして過去のそのプロデューサーやクリエイターの勝率は入荷数を決める上で参考にする。このプロデューサーは何勝何敗だから、多めに入れる、あるいは絞っておこう、のように。」

商品がどれだけ店頭でプッシュされるか、はお店次第で、それにより売り上げは確実に違ってきます。

ですから、お客様が買う時には「直接の」影響は少ないかもしれないですが、誰がプロデューサー、クリエイターなのかはお店の人は(ある程度は)知っていて間接的には売り上げを左右しているという事がいえるのかと思っています。

秋谷店長は「プロデューサーは特に勝率で見ている」という事をおっしゃっていました。

STEP3

この事を聞いた時、僕はプロデューサーとして身が引き締まる思いでした。

プロデューサーとして信頼を持ってもらえなければ、まずお店にちゃんと並べてもらえるかの壁を越えられない訳です。

仮に一度信頼されたとしても、失敗ばかりしていては信頼を失って、より失敗する確度が高くなってしまうのです。


ブランドには「勝率」が密接に絡んでいます。

この話はまた詳しくお話しようと思います。
-----

子供のためのサンタさんからのプレゼントは無事佐川急便で届きました。
届かなかったらなんと言おうかとひやひやしておりました(笑)。
色々親の思惑が絡んだプレゼントになっている事は以前にお話した通りです(笑)

皆様、メリークリスマス。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

8

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

イヤイヤイヤイヤ。