更新日: 2010-12-27 05:40:17

カウンセリングを受ける際の注意点

著者: gracs

編集者: gracs

閲覧数: 201

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by gracs

カウンセリングにおいては、人それぞれのイメージがあります。

カウンセリングを受ける=精神病 などというほど極端ではないにしろ悪いイメージを持っている人もなかにはいます。

STEP1 鬱病や精神的な病にかかったら、それなりの治療が必要です。

Photo by gracs

精神科の病院にかかるのは抵抗があるかたには、カウンセリングを受ける事をお勧めします。

カウンセリングをもっと前向きにとらえて、自分の心が軽くなれる方向を探ってみましょう。

STEP2

カウンセリングをもっと前向きにとらえて、自分の心が軽くなれる方向を探ってみましょう。

ただ、カウンセリングを受ける際に気をつけなければならないことがあります。

クライアントの方の体調にも充分気を配った治療をしていても、その過程で、感情の波、思考の混乱を起す可能性があることもあります。
でもそれは、正常な反応で、短期間で改善します。

このことを頭の中に入れておかないと、混乱し、さらに悪化させてしまう恐れがあります。

STEP3

以下にあてはまる人については、カウンセリングの効果が出ない可能性もあります。

◯重症になってしまっている鬱病の人、統合失調症の人、パニック障害などの精神疾病で投薬治療をしている人。
◯自己中心的でこちらの指示に従うのが無理な人。
◯自分の問題に真剣にとりくむ気持ちのない人。
◯近しい人の急死、自死などの大きな経験して半年以内の人。

以上の人は、カウンセリングより専門の精神科へかかり、治療をすることをお勧めします。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

15

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する