更新日: 2011-01-15 00:06:14

五節句をご存知ですか?

著者: kamechi2010

編集者: kamechi2010

閲覧数: 287

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

 節句について、どれくらいご存知ですか?
節句の節とは、季節の変わり目のことです。この日に邪気をはらう行事を行ってきたものが伝統として伝わったものです。
 現在では5つの節句が残っています。その五節句を紹介したいと思います。

STEP1 ・人日の節句(1月7日)

 本来は1月1日なのですが、元日は特別な日の為、1月7日が最初の節句になったそうです。
1月7日といえば七草粥ですね。
この七草粥を食べることで、無病息災を祈願したそうです。それと、お正月のおせちで疲れた胃腸を癒す意味もあります。これらの若草を刻んで食べると、ビタミンの補給にもなります。

ちなみに七草は、芹・ペンペングサ・ハハコグサ・ハコベ・タビラコ・蕪・大根です。
昔、よく「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ 」 といって覚えました。

STEP2 ・上巳の節句(3月3日)

 別に桃の節句とも言いますよ。これは、桃は邪気をはらうと中国で言われていたこと、
時期的に桃が咲く頃からきています。
一般的には雛祭りとしての方が知られていますね。
雛祭りでは白酒を飲む習慣があります。さらにさかのぼると、桃花酒を飲んでいました。
ただ、こちらいずれも、本当のお酒です。ですから、飲むと子供は法を犯していることになります。どうも、甘酒を白酒と勘違いしてしまっているらしいです。白酒と甘酒は違うんですよ。でも、甘酒で十分ですね。

STEP3 ・端午の節句(5月5日)

 別に菖蒲の節句とも言います。香りの強い菖蒲を吊るしたり、菖蒲湯に入ることで無病息災を祈願したそうです。
菖蒲は尚武に通じるため、男の子の成長を祝う節句になりました。
 この日は、粽や柏餅など食べますね。
粽は昔の中国で川に身を投げた人の供養に川に備えていたが、その粽を悪い龍に食べられてしまうから、栴檀の葉に包み紐で縛ってお供えしてほしいとと言われたことが、同じように粽を食べる習慣に繋がったということです。
柏餅は、柏の木の性質に意味があるようです。柏は古い葉が落ちるのは新芽が出た時らしく、古い葉が残り続けることから「家系が絶えない」という縁起を担いだものだそうです(かなり端折ってます)。
 今は餅の色が違って判断してますが、柏の表葉が外だと味噌餡、中だと普通の小豆餡という決まりがあるようです。

STEP4 ・七夕の節句(7月7日)

 七夕と書いて「しちせき」と節句は読むようです。
いわゆる七夕のことなのですが、中国の乞巧奠(きこうでん)という行事に、日本の棚機津女(たなばたなつめ)の信仰が合わさったものだそうです。

 そんなすごい行事だなんて初めて知りました。七夕飾りの短冊も夏の茅の輪くぐりに関係があるらしいです。それと、乞巧奠は芸事の上達を願う祭りということから、江戸時代に手習いの上達を願って笹に短冊を吊るしたようです。
 そういえば、七夕にまつわる食に関しての情報が全くないですよね。これは、夏場でもちが悪いからみたいです。

 小さい頃は天の川がはっきり見えていたのですが、ここ十数年天の川を見た記憶がありません。

STEP5 ・重陽の節句(9月9日)

 別に菊の節句とも言います。昔、中国で菊は、長寿の効能があると言われていました。また、重陽とは奇数の一番大きな数字の「9」を重ねることです。
この日に、菊を浸したお酒「菊酒」を飲む習慣があります。

まとめ

 五節句を知っていたからといって、特に何かがある訳ではありません。ただ、日本の伝統や文化や風習が失われつつある現代で、見つめなおすきっかけになってほしいです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

26

関連タグ:

my-researchさんのコメント

2011/01/06 00:27:10

なるほどぉ~(^○^) 勉強になりましたぁ~♪ 節句って御恥ずかしながら今更ですが、ぞろ目だったのですねぇ~ん それも知ってしまってほっこり♪(^^) ありがとうございました。

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kamechi2010

旅行と読書と食べ歩きが好きで、さらに最近はウォーキングでダイエットはちょっと無理そうなので、健康維持に努めています。