更新日: 2010-07-20 23:32:00

(淡水)アクアリウムの始め方(3/5) ~導入編

著者: mi-chi

編集者: mi-chi

閲覧数: 405

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

今回は導入編ということで、購入したものの設置方法を紹介します。水槽を設置することで、その場所はそれまでと全く違った空間となります。どのような空間を演出するか、是非楽しみながら進めて下さい。

STEP1

買ってきたものは、水槽から砂利まで、全てよく水洗いします。このとき、洗剤は絶対に使わないようにしましょう。特に砂利は濁りが出なくなるまでよく水洗いします。

STEP2

水槽を設置します。水槽の下にマットを敷くのを忘れずに。

STEP3

水槽に砂利を入れます。勢いよく入れると水槽が割れることがあるので、丁寧に入れましょう。続いて、フィルターおよびヒーターを設置します。

STEP4

水槽に水を入れます。水は水道水に塩素中和剤を入れたものを使います。勢いよく入れると砂利が散乱するので、丁寧にいれましょう。砂利の上に板のようなものを置いて、その上に水を注ぐようにすると砂利が散乱しません。

STEP5

ライトを設置します。また、必要に応じてエアポンプを設置します。水温計を設置して、今の水温を計っておきます。設置が一通り完了したら、ヒーターとフィルターの電源を入れます。

STEP6

水温が安定したら、液体のバクテリアを投入します。この状態で1週間ほど放置します。ライトは朝点灯して夜消灯します。これを自動で行なうタイマーも販売されています。

まとめ

最初は魚を入れない状態で1週間ほど稼動させます。これは、バクテリアを培養するためです。バクテリアは、魚の糞等から発生する有害なアンモニアを分解する役割があります。バクテリアが培養されていない状態で魚を入れると、すぐに水質が悪化して、魚が死んでしまいます。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

19

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

電気代。