更新日: 2010-12-27 15:09:37

掃除や洗濯に 場所を取らずに簡単つけおき

著者: YellowGold06

編集者: YellowGold06

閲覧数: 264

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by YellowGold06

油汚れのついたキッチン用品を掃除する時や、シミがついてしまった衣類をつけおきしたい時、場所や容器がなくて困り、諦めていませんか?

STEP1

普段、つけおきする際に使う容器って洗面器やボウルやバケツ、洗濯機、大物になると浴槽を使ったりしますね。
そうするとつけおきした後に容器を洗わなくてはいけなくなり、面倒な作業なのでつけおきせずに諦めてそのままにしてしまったりしますね。

STEP2 とても簡単な解決法があります。

45リットル等の大きめのビニール袋を二重にし、その中に
・つけおきしたい物
・洗剤や漂白剤
・お湯や水
を入れ、袋の口をしっかり縛ります。

STEP3 これで場所を取らずに簡単につけおきができます。

使用後に容器を洗わなくてはいけない手間も省け、汚れた水を流して袋を捨てるだけなので、洗剤で手が荒れることもありません。
もみ洗いをしたい時は袋の上から揉めば手を汚すこともありません。

STEP4

今までできなかったアレやコレのつけおき、お試しください。

まとめ

袋の大きさを変えれば色々なサイズに対応できます。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

13

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
YellowGold06

主婦歴長~いです。

仕事もしているので時間がなくてなかなか買い物に行けない時、ついついネットショッピングに夢中になります。

手芸や洋裁が好きで...

必要なもの

ビニール袋