更新日: 2011-07-30 14:40:57

体を冷やさない生活習慣

著者: saita39

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 555

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by yto

毎日の生活で、何気なく行っている生活習慣の中には、知らないうちに体温の低下を招いているものがあります。

低体温などの健康を壊す前に生活習慣を見直しましょう

STEP1 ◆ 服装

寒い季節に薄着やサンダルなどの服装は体温調節を上手にできなくなり、低体温になりやすくなります。
特に下半身を冷やさないように気をつけましょう

STEP2 ◆ ダイエットをしない

栄養不足やエネルギー不足による新陳代謝の低下は体温の低下を招きます。

STEP3 ◆ 冷たい飲み物を多くとらない

その字の通り冷たい飲み物は体の中から体を冷やすので、常温の飲み物をとるようにしましょう。

STEP4 ◆ 体を動かす

スポーツではなくていいので、車に乗るところを歩きに変えたり、エレベータに乗る時は階段にしてみるなど、小さいことでいいのでなるべく体を動かすようにしましょう。

STEP5 ◆ エアコンの使い過ぎに注意

私たちの体にある体温を一定に保つ機能が、エアコンなどによりくるってきています。
エアコンに頼らずとも体温を一定に保つ機能がありますので、エアコンに頼りすぎないようにしましょう。

STEP6 ◆ ストレスをためない。

ストレスにより、体の筋肉が緊張し、血管も収縮して血液循環が悪くなります。
上手に気分転換をしてストレスをためないようにしましょう。

STEP7 ◆ タバコは止める

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させる作用があります。
タバコにより、全身の血流が悪くなり、体が冷えたり、低体温を引き起こします。
皮下の血流が悪くなり、新陳代謝を低下させて、くすみや肌荒れのものにもなる可能性があります。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

57

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する