更新日: 2011-07-19 17:22:03

アロマテラピーに使う塩

著者: momomaru2002

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 173

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by SuperFantastic

アロマテラピーでの塩の使い方をご紹介します。

STEP1

バスソルトには様々な種類、香りがします。痛みを緩和し、肌を癒し、血液循環と体外へ毒素を排出するのを促してくれます。おすすめの入浴剤のレシピは、ホウ砂を使います。砂漠の塩としてアロマセラピー製品を売っているお店で手に入れることができると思います。ホウ砂1/2カップ、エプソン塩1カップ、粗塩1/4カップ、重曹大さじ2杯、コスメティッククレイ大さじ2杯それにお好みのドライハーブ。

STEP2

私はローズマリーが好きですが、ローズマリーはオイリー肌に最適です。ブレンダーを使うかまたは手で細かくします。さらに心地よい香りをつけるためにラベンダーの精油を数滴加えます。ラベンダーとローズマリーはとても相性が良いのです。心身を癒し、心を落ち着かせてくれます。香りを均等に、塩の塊をなくすために泡立て器で混ぜます。混ざりましたら、エッセンシャルオイルを使用した場合はオイルが落ち着くまでタオルをかぶせて1~2時間置いておきます。その後は塩が精油の香りを吸収できるよう密閉容器かガラスの瓶に移し替えます。ラベルやリボンをつければ贈り物としてもぴったりです。あなた自身も、あなたのお友達も癒されること間違いなしです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

17

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する