更新日: 2011-07-19 18:04:03

トマトを新鮮に保つ方法

著者: momomaru2002

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 248

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by John-Morgan

トマトは7月から9月にかけてもっとも風味豊かになりますが、1年間を通して購入することができます。トマトはビタミンC、ビタミンA、リコピンが豊富な健康野菜です。リコピンは、癌、心血管疾患、筋変性になる確率を減らすそうです。トマトの正しい保存方法で、鮮度を保ちビタミンの流出を防ぐことができます。

STEP1

トマトをぬるま湯で優しく洗い、保存する前に汚れや化学物質を落とします。布でトマトを拭いて乾かします。または、キッチンカウンターの上において自然乾燥させます。調理前にも再度洗いましょう。

STEP2

直射日光の当たらない平らなところに紙を敷きトマトを置きます。積み重ねないでください。13℃~15℃くらいが適温です。暑ければ細菌が繁栄し、10℃以下だとトマトが凍ってしまう原因になります。

STEP3

腐敗する前に料理に使いましょう。購入後に最大1週間保存することができます。トマトの皮を優しく指で押すことで鮮度を計れます。指の跡が残れば、トマトは熟しています。指の跡が深く残り、もしトマトがフワフワした感じ、または斑点がある場合は、腐敗しているかもしれません。使うのを止めましょう。

STEP4

切ったり穴の開いたトマトはラップで包むや密閉できるビニール袋にいれます。室温で保存して24時間以内に食べきりましょう。この場合は冷蔵しないでください。トマトの風味を損ない、どろどろになってしまう恐れがあります。皮が洗って大丈夫そうなら食べる前にぬるま湯で行ってください。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

14

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

ラップやビニール袋
紙製品