更新日: 2011-07-19 18:43:29

コーンビーフの塩けを薄くする方法

著者: momomaru2002

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 247

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by jeffreyw

コーンビーフは、キャベツとグリーンビールのように伝統的な聖パトリック祭のごちそうのひとつです。この肉は、当然のことながら塩辛く、事実、その名前コーンの由来は製造過程で使われる塩の塊から来ています。コーンビーフから塩を除去する方法はありませんが塩けを和らげる方法はあります。

STEP1

可能な限りスープの水気をきります。このスープが塩辛いのです。

STEP2

調理する24時間前にコンビーフを冷たい水または牛乳に浸します。この間は冷蔵庫に入れその水と牛乳を定期的に取り替えてください。調理する前に浸した水や牛乳の水気を切ります。

STEP3

コーンビーフを入れた皿に砂糖を加えます。料理の味が甘くなるほどたくさんの砂糖は入れないでください。コーンビーフ450g当たり小さじ1程度から始めて、徐々に調節してみてください。砂糖が牛肉の塩辛い味を和らげます。料理の味が甘くなってしまったら砂糖を追加するのを止め、他の方法を試してみます。

STEP4

料理の他の材料の分量を増やします。例えば、ジャガイモとニンジンを加えるシチューの場合、コーンビーフの量を変更しないで、ジャガイモとニンジンの量を増やします。塩を加えずに材料の量を増やせば料理全体の塩味は軽減します。

STEP5

可能であれば料理に乳製品を加えます。コーンビーフシチューにクリームを加えたり、コーンビーフもクレームフレッシュを添えるなどが考えられます。これらの方法は塩味だけでなく辛さとも低減するのでご注意ください。辛いスパイシーな料理を作るのであれば、乳製品は辛さをも軽減するのでスパイスを追加する必要があります。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

22

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

砂糖
乳製品