更新日: 2010-12-26 14:46:43

信楽焼の特徴

著者: rokumonnsenn

編集者: rokumonnsenn

閲覧数: 249

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by yumtan

信楽焼は1976年に、国から伝統的工芸品の指定を受けています。
滋賀県甲賀市信楽町を中心に作られています。伝統陶磁器で日本六古窯の一つです。

STEP1

信楽の土は、耐火性に富み、可朔性とともに、腰が強いと言われ、「大物つくり」にも「小物つくり」にも細工しやすい粘性であるといわれています。
中世末期頃から、焼き物つくりが始められ、江戸時代には茶壷、土鍋、徳利などの日常雑器が生産されていたそうです。
明治時代には、火鉢、神仏器、酒器、灯火具など、大物陶器が生産されていました。

STEP2

昭和時代は、植木鉢、盆栽鉢、花瓶などが生産されていたという事です。
現在では、日常陶器、建築用タイル、陶板、タヌキ、フクロウ、傘立て、花器、茶器、庭園陶器等生産されているという事です。
なかでも、タヌキの置物が有名です。縁起ものとして、タヌキが「他を抜く」に通じるとしています。

まとめ

商売繁盛としゃれて、店の軒先に置かれることが多いといいます。おそば屋さんの店先に置かれるのが、有名ですよね。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

68

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する