更新日: 2010-12-26 13:24:54

犬が訪問者を嗅ぐ訳

著者: rokumonnsenn

編集者: rokumonnsenn

閲覧数: 213

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Tobyotter

犬は来客があると、まず、その人のにおいを嗅ぎます。それがすむと、バッグや持ち物、それから、玄関に行って、靴のにおいも嗅ぎます。
それがすむと、その人を吠えるのか、吠えないのかを判断しているようです。

STEP1

犬の嗅覚の一つで、においで目の前の人が敵か味方かを判断するという行動なのでしょう。
それで、人によって、吠えるとか吠えないとかを判断しているようです。最初、敵だと判断された人は、何度家に来られても、吠えられています。気の毒ですが、仕方ありませんね。
犬の嗅覚について、どの程度のものか、調べてみました。

STEP2

犬の嗅覚は、人の数千~数万倍と優れています。その能力は、有機物質の種類によっても大きく異なり、酢酸のにおいは、人の1億倍という事です。
犬は人に比べて、鼻筋が長いために、鼻孔も広く多数の嗅覚細胞が分布するようについていて、嗅覚細胞は1~2億個あるといくことです。

STEP3 犬の嗅覚の働きです

においで食べられる物かどうかの判断。
目の前の人が敵か味方かの判断。
コミュニケーションの手段で、どの犬の縄張りかや、相手の尻のにおいで雄か雌かの判断。
風の向きを探る働きで、どの方向からにおいがくるのかの判断。

まとめ

最近、犬が人間のガンのにおいを嗅ぎわけることが出来るという話を聞きました。
これは、人間が病気になると、特定の体臭となり、その疾患の種類によって、においに特徴があるので、犬がそのにおいを区別できるというものでした。その実験結果は、41%の成功率だったということです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

12

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する