更新日: 2011-07-19 19:36:22

タンジェリンオイルの使用

著者: momomaru2002

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 237

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by stagshop

タンジェリンオイルの学名はポンカンで、マンダリンオイルと同様に使用することができます。
タンジェリンオイルはマッサージやアロマセラピーで、希釈することにより皮膚に使用することができます。タンジェリンオイルには多くの効能があります。


STEP1 防腐剤として

消毒や腫れや赤みを軽減させるのに直接傷にタンジェリンオイルを塗布することができます。発疹、にきび、ストレッチマーク、オイリー肌の治療や、乾燥、ひび割れ肌を落ち着かせる効果もあります。

STEP2 タンジェリンオイルマッサージ

タンジェリンオイルでマッサージすると、筋肉のけいれんや硬直、関節痛を和らげます。タンジェリンオイルを塗布しての外出には注意が必要です。タンジェリンオイルは、一般的には安全ですが、肌タイプによっては毒性を示す場合もあります。

STEP3 タンジェリンオイルの摂取

タンジェリンオイルを水で希釈して摂取すると胃や消化器系を安定させる作用があります。タンジェリンオイルは、消化を助け、便秘、下痢を緩和します。また、血液を浄化し、毒素を除去します。

STEP4 アロマセラピー

タンジェリンオイルをアロマテラピーで用いると呼吸器系だけでなく、中枢神経系を癒すができます。発熱、ストレス、不安や抑うつを軽減します。タンジェリンオイルは、他の香りや、有用なエッセンシャルオイルとブレンドすることができます。キャンドルにオイルを擦りつけてから火をともすのもアロマセラピーの方法の一つです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

16

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する