更新日: 2011-07-19 19:45:16

アロマオイルの利用

著者: momomaru2002

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 160

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by A Continuous Lean

エッセンシャルオイルとしても知られているアロマオイルは紀元前4000年前のエジプトやギリシャで医療用として用いられ、現在でも統合医療の目的で使われています。体や精神を落ち着かせるために使われるこのオイルですが、発疹やアレルギーの可能性から原液の使用にはいくつか注意しなければならない点があります。

STEP1 マッサージ

アロマオイルが加えられたローションにはリラックス効果があります。特にラベンダーやローズマリーのオイルを加えると気分を和らげます。さらにマッサージは体内の循環をゆくし内蔵に働きかけ体内の毒素の排出を促します。

STEP2 入浴

入浴にはアロマオイルが使われる歴史は古代エジプトの時代までさかのぼり、精神を鎮め、肌をいたわる為に利用されていました。リラクゼーションにはサンダルウッド、ラベンダー、カモミールを、気分を高め元気になるにはレモングラスやローズマリーを加えます。また肌が乾燥している際はシトラスの使用は止めましょう、刺激を伴うことがあります。

STEP3 蒸気吸入法

冬やアレルギーの季節に鼻に違和感がでてきたら、蒸気吸入法が効果的です。サイプレスやユーカリプタス、ペパーミントのエッセンシャルオイルを数滴、熱湯寸前のお湯がはった大きめ器にたらし、静かに顔を近づけタオルで頭からカバーします。静かに深く呼吸をすれば数分で症状が緩和されるでしょう。

STEP4 温/冷湿布

筋肉痛や慢性痛には温湿布、腫れやねんざや頭痛には冷湿布が効果的です。ペパーミントやローズマリーのオイルを水に4~6滴たらし、タオルを浸し、良く絞ってから患部にあてます。

STEP5 フットバス

ジョギングなどの後は足のほてりやむくみを取るためにアロマオイルが使われます。ブラックペッパー、ラベンダー、ペパーミントは酷使した足の痛みには最適です。ぬるま湯をはったたらいに3~4滴オイルをたらし、20~30分足を入れます。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

17

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する