更新日: 2010-12-26 02:32:55

鏡開きは、元々は20日だった!

著者: fuuka3

編集者: fuuka3

閲覧数: 190

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by zaimoku_woodpile

鏡開きをすると、お正月も一区切り、ですね。

STEP1 硬くなる前に、と思ってしまいますが、鏡開きは松の内が

過ぎてから食べるものです。
一般に、11日、といわれますが、松の内を15日とする地方では、
鏡開きを15日または20日に行う場合が多くあります。

鏡開きで正月に一区切りつけるということは、その年の仕事始め
をするという意味がありました。
武道で、新年の道場開きに鏡開きをするのは、その名残りです。

もともと武家から始まった行事なので、刃物で切るのは切腹を
連想させるため、包丁などの刃物で切るのは禁物で、手で割り
砕くか、槌で割るようになりました。
また、「割る」という表現も縁起が悪いので、末広がりを意味する
「開く」を使うようになり、「鏡開き」になったのです。

STEP2

元々、二十日正月といって20日に鏡開きを行っていたのですが、
徳川三代将軍・徳川家光が慶安4年4月20日に亡くなったため、
月命日の20日を避けて11日になったと言われています。
もともと武家社会の行事なので、日付変更も適切な措置だったのでしょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

17

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する