更新日: 2010-12-26 01:34:33

若水迎え、って知ってますか?

著者: fuuka3

編集者: fuuka3

閲覧数: 240

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by casek

若水迎えの風習はなくなりつつありますね

STEP1 【若水】とは、平安時代の風習で、宮中では立春の日に、

恵方の井戸から汲んだ水を邪気を除くものとして、
朝食のとき天皇に差し上げるのがしきたりのものでした。

後に元旦の朝、最初に汲む水を【若水】といって、
これを飲むと生気がみなぎり、厄除けの効があるとされています。
若水で歳神への供え物や家族の食べ物を炊いたり、ロをすすいだり
お茶をたてたりするようになりました

STEP2 若水を井戸や谷川へ汲みに行く事を【若水迎え】といって、

年男(あるいは主人や長男)の役目とされています。
地方によっては女性がすることもあったようです。

家を出てから、帰ってくるまでは、口をきいてはいけない、
という風習もあるようです。

STEP3 今では簡単に水を飲むことができるので、新年の初めて飲む

水は、お供えに使ったり、口を清めたり、と、手軽に
取り入れることができますね。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

35

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する